MENU

借金減額交渉は弁護士に任せるべき!

借金に苦しむ人の夢は借金がなくなること、そこまでいかなくても少しでも借金が減ってくれるのを夢見ているわけですが、高い金利で借りてしまったので毎月返済してもなかなか元金が減らず、利息ばかりを払っているような状態となっており、なかなか夢を現実にすることができないでいる方が多いかと思います。

そういう時に限って給料が下がったり、けがや病気で仕事ができなくなったりするもので、借金返済に困ってしまうことになります。

 

そういう時に力になってくれるのが弁護士さん、弁護士さんは債務整理という手段を使って借金の完済や減額を手伝ってくれるのです
弁護士さんが行う債務整理にはいろいろなものがありますが、一番多く使われるのが過払い金請求を伴った任意整理というものです。

 

任意整理はお金を借りた業者と本人の間に入って、金利を安くしてくれないかとか、毎月の返済額をもっと少なくしてくれないかという交渉と同時に利息制限法よりオーバーした金利で貸し付けをしていた場合はその分を取り戻す過払い金請求を行います。
それによって借金をした側にとってはいろいろなメリットが生じ、早期完済に向けて進むことができるようになります。
任意整理のポイントは2つ、1つは過払い金請求でどれだけの金額を返金してもらえるか、そしてもう一つは今後の金利や返済額などをどれだけ引き下げることができるかです。

 

過払い金請求は効果の高い人と全く効果のない方がいます。

そうなるのは要するに貸付時の金利が利息制限法で定められた金利より高いかどうかです。
本来違法である金利で貸し付けてもお咎めがなかった時代があり、その時代に遡って正規に金利で計算した利息と今まで払ってきた違法の金利での利息での差額をバックしてもらうというのが過払い金請求ですから、金利が利息制限法で定められた範囲内であるとか、そうでなくても返済期間が短いといった場合は全くのゼロであったり数万円になることになります。

 

ですから過払い金を元金返済に充当させるというのは人それぞれなのです。
それからもう一つのこれからのことですがこれははっきり言って弁護士さんの腕が試されます。
今後の金利や返済の仕方は特に法律に触れる部分ではなく、ある意味弁護士という肩書と法律を少しちらつかせ、最悪踏み倒されることなども触れたりして、今後の金利のカットや返済金額の減額などを交渉するのです。
こういったことは知識よりも経験がものを言うので、そういった面で見れば経験豊富な弁護士さんにお任せするのが一番いいということになるでしょう。

任意整理で借金減額する方法

債務整理の中の任意整理ではほとんどの場合、借金そのものを減額することができます。
借金減額といえば特定調停や個人再生などがおなじみですが、実は任整理だけでも減額にもっていくことができるのです。

 

そのカラクリは任意整理の一つとして行われる過払い金請求によるもので、その過払い金請求によって勝ち得た金額をそのまま元金の返済に充てて、場合によっては完済、まだ残っている場合はその金額をあとは返済していけばいいので、かなり早く完済に持ち込むことができるようになります。
過払い金請求は、要するに余計に払った利子を10年まで遡って返してもらうということでこれには2つの法律がかかわってきています。
1つは出資法、もう一つは利息制限法です。

 

出資法では最大29.2%まで金利を抑えなさい、それをオーバーしたら刑事罰になりますよというもの、一方、利息制限法は10万円未満の場合は20%まで、100万円未満の場合は18%まで、それ以上の場合は15%まで金利を抑えなさい、オーバーしたらいけませんよというものです。
消費者金融業などでは利息制限法の「オーバーしたらいけませんよ」にあまえ、違反しても取り立てて大きな罰則があるわけではないから無視してしまおうといった感じで利息制限法で決められた金利を超えた設定をするのですが、出資法の場合はオーバーすると刑事罰という厳格な罰則があるためそれだけはオーバーしないようにしているのです。

 

最近では利息制限法にもそれなりの罰則が科せられるようになりそういったことをあまりしなくなりましたが、それでも大手金融会社でもまだ行っているところがあります。
実はその利息制限法をオーバーした分を取り返そうというのが過払い金請求です。
罰則はなくても違反は違反、訴訟問題となってしまったら完全に負けます。

 

要はそこをついて訴訟に持ち込まないから今までの余剰金利分を返しなさいというのが弁護士さんが行う過払い金請求の申し立てというものなのです。
これによって戻ってくる金額は人それぞれ、今まで払ってきた金利や返済期間、元金の金額などによって大きく分かれます、場合によっては全くとることができないケースもあり、その場合は将来金利のカットや返済金額の変更などを持ち掛け、交渉したうえで事実上返済義務のある金額を減額するということを行います。
過払い金の返金がされた場合は上記のことに加えて、返金分を元金返済に充てて全体的な借金の金額を減額するということになります。

更新履歴